365の思いこみ!

日々、思い込みを手放していったら一年後にはどうなるか?実験しています。

矯正にさよなら

 

一日一個、思い込みを手放せたら、一年後にはどうなるか?実験ブログ。

最近職場復帰したお局様への忖度はすまいと心に決めていましたが、

すまい、どころか出来なくなってる自分に気付きました。

 

byeomoikomi.hatenablog.com

 

以前と違い、心にもないお愛想が言えなくなっている。

本当はどうしたいのか、したくない事は何か、日々自分の気持ちを聴いている結果。

よい傾向と言えるでしょう。

今のところ、平常心でオフィスライフを過ごせています。

 

自分の真心はどう感じているのか。

常々問いかけながら過ごしていると、何故か子どもの頃の事をよく思い出します。

内気な性格で、大勢のひとの中で過ごすと気疲れしていたこと。

幼稚園や学校が苦手だったこと。

臆病で、授業中に指されると顔が真っ赤になり、よくからかわれていたこと。

外からの刺激に過敏に反応してしまう自分が嫌で、こんな自分を変えたい、

変えなきゃ、と矯正し続けてきたこと。

 

矯正の努力のおかげで、だいぶ世の中に適応出来るようになり、

心も丈夫になったけれど、今にしてみれば子どもの頃の繊細さって特長でもあったんじゃないかなと思えるのです。

 

https://www.instagram.com/p/Bh_bMq6hGa2/

#葉っぱ

 

神経過敏な自分がコンプレックスだったけれど、もしも矯正せず、世の中に合わせず、自分を貫いていたらどうなっていたのかな。

ふと、そんな事を考えます。

 

これからは、否定してきた部分にこそ、目を向けてみようか。

もしかしたら、本当はいいものだったのかもしれない。

子どもの頃の自分、否定しちゃってゴメン。

そんな心境です。

 

【今日の手放し】

過去の自分を否定していた自分を手放す。

コンプレックスは、もしかしたら長所だったのかもしれない。