365の思いこみ!

日々、思い込みを手放していったら一年後にはどうなるか?実験しています。

捨てられなかったもの

 

一日一個、思い込みを手放せたら、一年後にはどうなるか?実験ブログ。

実家の断捨離をしていたら、色んなモノが出てきました。

昔もらった手紙。大量の写真やプリクラ。小学校卒業時のサイン帳。

二度と着ないであろうスキーウェア、などなど・・・

40年以上も生きていると、色々出てくるなぁ、というのが感想です。

 

意外だったのが、画材。

スケッチブックや色鉛筆、スタンプセットに、色画用紙も出てきました。

そういえば、高校時代、グリーティングカードを作るのが好きだったんです。

色画用紙をくりぬいて、ハロウィンやクリスマス、誕生日のカードを作っては

周りのひとに送ってたっけ。

友人に頼まれて部活の演奏会のポスターを描いたり・・・

 実はクリエイティブなことが好きな子どもでした。

 

今回の断捨離では、よっぽど残したいもの以外は、感傷を挟まずにゴミ袋行きにしてますが、このスケッチブックやスタンプセットは、捨てられませんでした。

過去を全部否定するのではなくて、認めるところは認めよう、そう思ったのです。

 

手作りやお絵描き好きだった昔の自分は、

今はすっかりどこかへ行ってしまったように思えますが、

呼びかけたら戻ってきてくれるのかしら?なんて思います。

 

ひとつチャレンジを思いつき、小さなスケッチブックを一冊、

今の家に持ち帰ってきました。

友人のお子さんに、何かカードを作って送ってみようか・・・ひそかに計画中です。

 リミットは来週中。

 

【今日の手放し】

「昔と違って今は描けない、作れない・・・」を手放してみる。