365の思いこみ!

日々、思い込みを手放していったら一年後にはどうなるか?実験しています。

弱気な道場破り

一日いっこ、思い込みを手放せたら、

一年後にはどうなるか?の実験ブログ。


先日、用事を終え、遅めのランチということで

駅の近くの道端で、ひたすらスマホ検索してました。

「○○駅 坦々麺」 

「○○駅 チャーハン」

心にヒットするランチの場を求め、

孤独のグルメばりの真剣な店探しです。


「ミニチャーハンと餃子セット」。


ある店のページに目が留まりました。

あのイチローが来日時に訪れるという、

知る人ぞ知る地下街の名店らしい。

餃子・・・一瞬迷いましたが、

今日はもう誰とも会わないし、

餃子食べてパワー付けとくか・・・


気付いたらそのお店を目指してガード下をくぐってました。




※写真とは関係なしです


地下街の端っこにあるそのお店は、

客層がものの見事に熟年のメンズばかりでした。

店の外から覗くと、女性はお店のおばちゃんのみ。

も、もしかして・・・

とっても入りづらいーーー!?


普段、ラーメン屋とか牛丼屋とか、

ひとりで普通に入れるのですが、

それとはまたひと味違う、

個人商店的な独特の空気感。

女ひとりで入るには、少々勇気がいる。

どうしよう。

でも、チャーハンは食べてみたい・・・

口の中はもう餃子を受けいれる準備が整ってしまった。

入り口前で躊躇していると、

「どうぞ」

おばちゃんが奥の一人用テーブルを差し、

中へ促してくれました。

もう、引くにひけない・・・

し、しつれいしま〜っす・・・

弱気な道場破りのように奥のテーブルへ向かいました。

は、入りづらいがなんぼのもんじゃい。

食べたいものを食べて何が悪い。

夢だった「孤独のグルメごっこ」だ!


気を取り直し、念願の

「ミニチャーハンと餃子」のセットを注文しました。



結局。

勇気を出して道場破って、よかった!

「ミニチャーハン」を頼んだはずが、

「マジチャーハン?」と見間違えるほどのビッグサイズ。

大好きなチャーハンが、

食べても食べても減らない!

まるで蛇口からジュースが出たみたいな、

夢のような世界が展開されたのでした。

餃子も大きくてプリップリでジューシィなのが5個も!

醤油+ラー油+酢 の定番タレだけでなく、

酢+コショウ の変則技も心ゆくまで楽しめました。

途中、お腹がくるしくなったものの、

ここは残しちゃぁいかん、と男気を出し、すべてコンプリート。

きっと、一日ぶんのカロリーをすべてこの店で摂取したような気がします。

この店にメンズしかいなかったのが納得いきました。

お腹いっぱい、きっと太る。

でも幸せ。

そんな午後の至福でした。



【今日の手放し】
一見、入りにくそうなお店。先入観を手放してみたら、
美味しい体験できました。