365の思いこみ!

日々、思い込みを手放していったら一年後にはどうなるか?実験しています。

休んだら置いていかれる

一日いっこ、思い込みを手放せたら、

一年後にはどうなるか?の実験ブログ。


会社を辞めると告げてから、力の抜けた日々を送ってます。

ピリオドが打てることへの安堵感は大きく、

今までよっぽど無理していたのかな、と思えてきました。

面白かったこと、楽しかったこと、

ここでしか出来なかった経験も山ほどありますが、

トータル的にはつらいことのほうが多かったかな。

さて次は、どうしよう。

まだ退職後にコレをしようってイメージは湧いてきてません。

少し休もうか・・・

そんな気持ちもあります。

これまで、ほぼ途切れなく働いてきていて

常に何かに所属していたので

しばらく「無所属」でじーっとしているのもいいかな、なんて。





私はこれまで、

「働かざるもの食うべからず」という思考の持ち主でした。

職を変えるタイミングで、

「しばらくゆっくりしたら?」と周りに言われたことも過去にありましたが、

ブランクを作ることが怖くてゆっくり出来なかったのです。

ブランクがあると転職に不利になってしまう。

そんな恐れから、動き続けてきました。

ブランクがあると不利・・・

「職」の裏側に関わってきた端くれとして、

確かに、それは一理あると思います。

ただ今は、

ブランクがあったら不利になってしまう世界観から、

少し距離を置きたい。

人生の中で少し立ち止まる期間があってもいいんじゃないか?

そう思えるのです。


どこかの組織にどっぷり浸かるのは、

今更面倒かなと思ったり・・・

週3でAをして、週2でBをする。

そんな働きかたもいいかな、なんてぼんやり考えます。


年末に車のエンジンが壊れたこと。

今となっては、自分の近未来のメタファーだったとしか思えません。

修理に出し、部品交換したら走れるようになった愛車のように、

私もしばらく休んでメンテナンスに充てて、

また動けるようになりたいです。






【今日の手放し】
休んだら置いていかれるという怖れを手放す。